ゆだねること

今まで、人間関係でも、仕事でも、遊びでも、何でも自分の頭や考えで、解決したりうまくことを運んだりしようとして、オーバーワークになって自滅する、というのがよくあるパターンだった。

が、自分が正しいという感覚でいることがだんだんめんどくさくなってきて、自分が正しくふるまうことをいい加減あきらめた。そのあたりをもっと人にゆだねるようになった。それは、周りに対する甘えというよりかは、信頼である。自分が面白いこと言うとか、賢明に振舞うとか、自分の力だけに頼るのをやめ、相手を信頼し、相手を信じること。そして、相手の振る舞いに新鮮な感動を覚えること。

あるていど、他者に委ね、信じることで、自由を感じている。