自分を手放し、外に出ていく

目の前の世界をただ生きること。自分自身についての議論に逃げることを、もはや手放すとき。