読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分との関わりにおける法律の在り方って?

最近学んだことで大きかったこと。法律と学校との関係。特に校則。自分が通った学校でもそうだったのだが、学校が生徒の髪型を強制的に規制したり、挨拶を強要したり、帰宅時に寄り道を許可しなかったり、また、こうしたことを守らなかった生徒に懲罰を加えたりするのは、なんか、生徒の人権侵害的な要素ってないのかなって感じていたのだけど、そうした疑問というか、何だか腑に落ちない自分の被害者感覚に対してこの社会(法律あるいは判例)は一応回答のようなものを与えていることを知った。

それによると、基本的に、法律は、教育の多様性のようなものを認めていて、また恐らく私学にはよりその独自性のようなものを尊重しているらしく、そのことが学校社会に自治を認め、「内輪のことは内輪で」やりくりさせるということらしい。この教育の多様性というのは確かにこの社会や文化の多様性の根源であると思うし、そのための「内輪のことは内輪で」という方針にもなんだか妙に納得してしまった。そして、なんだか救われた思いもした。なんだかずっと学校に対して納得のいかない恨みがましい思いがあったのだが、「あぁ、あれはあれで学校という内輪の文化として社会的に一応尊重はされるものだったのだな。そして、それが自分に合わなかった、それ以上でもそれ以下でもなかったんだ。」と思うようになった。なんか意外な視点だった。

校則の違憲性を巡っては、どうもいくつも判例があがっているようで(この言葉遣い変かな)、自分が見た限りでは(まだ法律勉強したてで偉そうなことは何も書けないが)
どれも否定的な判決が出されていた。つまり、違憲ではないということ。微妙な部分もあるらしいのだが、嫌ならその学校に通わなければいいのだし、また、当該生徒の訴えを認めると他の生徒との関係において、公平性や学校秩序維持の観点からより大きな問題に発展しかねない部分があるらしく、無条件に一人の生徒の自由権を優先させられるわけではないということだった。まぁこれも納得した。

このように、法律を学んでいると自分と無関係でない事項にもいろいろ遭遇する。自分の日常の思考にも、そうして学んだことが、少なからず影響してきている気がする。そこで思うのだけど、こうした法律に関する学びを自分にどう影響させるか、これについてまだよくわからないでいる。いわゆるリーガルマインドなるものは、法律が問題になる場面を中心に発揮させるべきで、日常生活にまで持ち込むべきでないのか、あるいは、日常的にそうした考え方を実践していくべきなのか。

こうした疑問を念頭に置きながら、学びを深めていこうと思う。